ブログ記事詳細
Article Details 記事詳細
2021年02月09日

ホームページ制作においての参考サイトの探し方

こんにちは!SeekNextの佐藤です。

今回は「ホームページ制作おいて、参考サイトの探し方」を解説していこうと思います。前回の「参考サイトの重要性」については以下のリンクを載せておきますので、ご覧になっていない方は是非、ご覧下さい。

参考サイトの探し方について

まず、復習で参考サイトについて解説します。

参考サイトとは「こんなホームページにしたいなどの参考にする他社や別のサイト」です。

参考サイトの探し方3選

あまり深く考えずに、以下の3つの方法だけ行ってもらえれば、OKです。そこれ以上はプロに頼んで、分析してもらいましょう!

1:業界大手のサイトを検索する

メリット

  • 大手の企業はサイトもリソースをかけて制作している可能性が高いので、見習うべきサイトの筆頭になる可能性も高い

デメリット

  • 大手のホームページはかなりのリソースをかけている可能性が高いので、予算や納期が増加しやすい

業界大手のサイトを参考にはしたいが、予算がかけ離れている可能性も高いので、部分的に取り入れたい位の気持ちで閲覧するのが、いいと思います。

2:競合他社のサイトを検索する

メリット

  • 実際に制作するホームページの指標になる

デメリット

  • 他社のサイトが古い可能性がある(指標にならない可能性あり)
  • 他社のサイトに悪い意味で影響される可能性

競合他社のサイトを検索することで、実際に制作するホームページの指標になると思います。その際には他社のサイトよりも「使いやすい」「自社の強みを表現する」といった視点で見てもらえればいいと思います。

3:Googleなどの検索に「参考サイト 業界名」で検索する

「参考サイト 業界名」で検索すると、全国的にデザインやサイト構造に優れたサイトを検索することが可能です。

メリット

  • 全国的に評価されているサイトを知ることが可能

デメリット

  • コーポレートサイトよりも、ブランディングを意識したサイトが出てくることが多い
  • 予算がかけ離れている可能性大

実際に制作する制作物とかけ離れていることも少なくないですが、今の流行りのホームページをみることができます。
文字通り、「参考」程度に検索してもらえればいいと思います。

参考サイトの探し方について まとめ

1:業界大手のサイトを検索する

2:競合他社のサイトを検索する

3:「参考サイト 業界名」で検索する

ぜひ、参考サイトを、一度調べてみましょう!