ブログ記事詳細
Article Details 記事詳細
2021年02月10日

静的サイトと動的サイト

ホームページ制作に知っておいた方がいい知識「静的サイトと動的サイト」について

こんにちは!SeekNextの佐藤です。
今回は、ホームページ制作に知っておいた方がいい知識「静的サイトと動的サイト」について解説していきます。

静的サイトとは?

決まった情報を公開するだけのサイトのことです。

静的サイトのメリット

  • 制作費用が動的サイトよりも安い傾向
  • 動的サイトよりもサイトの速度が早い
  • 管理が楽(ほとんど何もしなくても良い)

無駄なシステムを付与しない分、費用を安くでき、サイトの速度も期待が可能です。また、管理に関しても決まった情報を公開するだけなので、管理が楽です。

静的サイトのデメリット

  • サイトのコンテンツの更新が難しい
  • コンテンツの更新が簡単に出来ない分、SEOは期待が薄い

唯一にして最大のデメリットはコンテンツの更新がしにくいという点です。そのため、SEOで重要視されている「サイトの更新率」や「サイトの優良な記事数」などを稼ぎずらいためSEOへの期待は薄くなります。


動的サイトとは?

WordPressなどのCMS(Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム)を導入してコンテンツの管理を行えるようにしたサイトのことを指します。

動的サイトのメリット

  • コンテンツの追加、編集、削除が容易
  • SEOへの期待が高まる

コンテンツの追加・編集が楽になるため、サイトの更新性や記事数を増やしていくことが可能です。そのため、SEO対策に大いに期待が可能です。

動的サイトのデメリット

  • 静的サイトよりも制作費用が高い
  • 静的サイトよりも速度が遅くなる可能性

システムを導入する分、制作費用が高くなり、サイトの速度が遅くなる可能性があるというのがデメリットになります。

「静的サイトと動的サイト」について まとめ

弊社の考えとしては、「動的サイト」の制作をおすすめしています。理由は以下の通りです。

  • 制作費用はそこまで大差が出ない場合が多い
  • サイトの速度に関しても、対策できれば、気にならないレベルまで持っていくことが可能
  • 動的サイトの方が圧倒的に、「資産としての構築」が可能となる

これからの時代を考えた際に、インターネット上に資産を構築できる可能性があるというメリットと比較して、「金額」や「速度」に関しては影響力が少ないからです。

「金額」に関してはどんな機能を実装するかによりますが、ブログ機能の追加くらいなら5万円くらいで対応してくれる業者も多いと思います。

もちろん、少しでも金額を抑えたい方は「静的サイト」の構築を考えるべきですが、少しでも「SEOをあげたい」「ネットに力を入れたい」と考える方は「動的サイト」の構築を考えるべきでしょう!

是非、ホームページを制作する際の参考にしてみて下さい。

自分にどんなホームページが適切がどうかわからない方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。
無料でホームページ制作に関するご提案を行っております。