ブログ記事詳細
Article Details 記事詳細
2021年02月15日

ホームページ制作におけるSEO対策についての基礎知識はこれだけで十分

SEO対策についての基礎知識はこれだけで十分

こんにちは!SeekNextの佐藤です。
今回はホームページ制作において、依頼されることが多いSEO対策について解説していきます。

SEOとは!?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」といいます。簡単に解説すると、Googleなどの検索にて、1ページ目の1番上に掲載されるように最適化対応を行うことです。

SEOのメリットとは?

  • 集客の増加
  • 広告費用の削減の可能性
  • 認知度の向上
  • 売り上げの増加の可能性

上記の4つのメリットが主に挙げられます。

集客の増加

検索の上位に掲載されることで、安定的に顧客の獲得につなげることが可能です。比較的上位の2Pと比較しても、最大で80%以上も集客に差が出る可能性があるというデータもあります。

広告費用の削減の可能性

広告を利用すると、クリックに応じて費用が生じます。商品によっては1クリックが1,000円を超えるものもあるため、場合によってはかなりの予算を確保しないといけません。

広告の制約率は、商品やキーワードの選定によって変動しますが、数%ということが一般的なので、広告がいかに高いかどうかが分かると思います。

「広告費というのは、企業がつまらないサービスやプロダクトをつくったことに対する罰金である」

Facebookの創設者マークザッカーバーグ

FacebookのCEOがこんな発言もしていました。

広告がメインの収益であるFacebookのCEOがこの発言することは、大胆ですが正直的を得ていますよね。それに加えて、広告に依存すると広告を抜けれなくなるので、やはり0円での運用を目指したいですよね。

認知度の向上

検索上位に掲載されることで、今までサービスにたどり着けなかった人や既存客にも効果的に訴求していくことが可能です。

売り上げの増加の可能性

上記の集客や認知度の向上によって売り上げの増加や、広告費用の削減によって利益率の向上が望めます。

SEO対策のデメリット

正直、SEO対策を行うことのデメリットはほとんどないですが、あえて挙げるとすれば以下になるでしょう。

  • 最短でも3ヶ月、1年くらいの対策が必要になることも多い
  • ある程度、知識がないと対策が難しい
  • 対策が必ず、効果につながるとは限らない

やはり、SEO対策はやってすぐに上位に来るということはありません。最低でも3ヶ月は必要となります。また、ある程度の知識も必要となり、正しい対策を行なってもGoogleの基準の変更などによって順位が大幅に変わることもあります。

逆に言えば、「SEO対策を行います 成果を保証します」という業者は要注意です。これをやれば順位が上がるといった方法はありませんし、Googleもそういった情報は提示していません。

唯一、Googleが明言していることは、「ユーザーが求めている情報を上位に表示する」といったユーザーファーストの考え方だけです。
もっと言えば、コードを少し間違えたりしても何の影響がないと明言しています。

細かなテクニックよりも「ユーザーにとって有益な情報を提供するサイト」を目指すことが最大のSEO対策と言えそうです。

ホームページ制作におけるSEO対策について(初級編)についてまとめ

いかがだったでしょうか?
今回の記事でSEOに関する基本的な情報は知ることができたのではないでしょうか?

制作会社の代表として、基本的な知識だけで良い方は、この記事の情報だけで十分かなと考えています。もちろん、もっと知りたい方のために詳細を次回以降の記事で解説していこうと思います。

ぜひ、サイト運営を行なっている方はこの機会にSEOについて考えてみて下さい。SeekNextではSEOの無料相談も行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。